タミフルの画像

タミフルはインフルエンザの治療薬として非常に知名度が高い薬になったと思います。実はこのタミフル、予防にも使用できることはご存知でしたか?当サイトを見ればタミフルについて丸わかりになるくらい徹底解説しますよ!

タミフルは赤ちゃんが飲むことは可能なのかどうか

インフルエンザの特効薬として多くのドクターが使用しているタミフルですが効果が高い反面その副作用も最近になり注目されてきています。ですが、今現在タミフルにかわる特効薬は開発されておらず大人であれば副作用もでにくいことから唯一の薬と言っても良い状況です。では大人ではなく仮に赤ちゃんがインフルエンザにかかった場合、タミフルの処方は可能なのでしょうか。
まず第一にタミフルについている添付文書には1歳未満の患児に対する安全性及び有効性は確立していないと記載されています。これは0歳児へのタミフル投与についての臨床試験等の実施が困難なため十分な解析データがないためですが、実際に0歳児へ投与した症例の集計では問題は起きていません。そのため、基本的にインフルエンザにかかった場合、赤ちゃんであっても医師の判断でタミフルを使用することは可能だとされています。また、インフルエンザ脳症にならないためにも早めに、積極的に処方するドクターも多くいます。ただ、やはり強い薬のため子どもや赤ちゃんには錠剤を薄めて粉状にしたドライシロップが処方されることが一般的です。
ただ、薬の効果を弱くしているとはいえ強い薬ですので、副作用が現れる場合もあります。突然大きな声を出したり、急に起き上がって走り出したりするなど異常行動と呼ばれる現象が少なからず報告されています。しかし、これらの異常行動がタミフルによるものかインフルエンザの高熱によるものかは、まだはっきりとしていません。そのため、服用は可能ですが服用後は赤ちゃんの様子をしっかりと見てあげること、少しでも変わった様子が見られた場合は迷わずに医療機関を受診する事が大切だといえます。