タミフルの画像

タミフルはインフルエンザの治療薬として非常に知名度が高い薬になったと思います。実はこのタミフル、予防にも使用できることはご存知でしたか?当サイトを見ればタミフルについて丸わかりになるくらい徹底解説しますよ!

タミフルと小児と治療費について

インフルエンザは毎年冬になると流行する病気なのですが、その治療費が気になるという人も多いでしょう。小児がインフルエンザにかかってしまった場合、病院ではタミフルという薬が処方されることが多くなっています。インフルエンザ治療薬と聞くとタミフルをイメージする人も多いかもしれません。しかし、この薬以外にもインフルエンザで使われる薬というのはありますし、それぞれ特徴が異なっています。幼児の場合は吸引薬より飲み薬の方が服用しやすいため、タミフルの処方が多くなっているのです。小学生の場合は吸引薬を処方されることもありますが、どのインフルエンザ治療薬でもあくまでインフルエンザウイルスの増殖を抑えるものとなっています。つまりウイルスを撃退してくれるわけではありません。しかし、インフルエンザ治療薬を利用することにより、1日程度は回復が早くなると言われています。小児の場合は重症化を防ぐことにも繋がりますし、なるべく早く治療することで体力の消耗を減らすことができるでしょう。タミフルによる異常行動について気になっている人もいるかもしれません。気になる場合は薬を処方してもらった時に医師にしっかりと相談しておきましょう。ちなみに、タミフルを粉薬でもらった場合、小児にとっては苦いと感じて吐き出してしまうこともあります。もし吐き出してしまったら薬の効果を得られないため、苦味を感じにくするたに食品にまぜて服用させると良いでしょう。ヨーグルトやジュース、ゼリーなどに混ぜれば小児でも飲みやすくなります。また、水分は一気に飲むと吐くこともあるため、少しずつ飲ませると良いでしょう。ちなみに、タミフルは胃に負担のかかる薬ですし、副作用として吐いてしまうこともあります。